自律神経失調症を漢方で防ぐ~フコイダインのススメ~

背伸び

栄養素で抑える

サプリメント

ヘモグロビンa1c は赤血球に含まれるヘモグロビンと、ブドウ糖の結合によって発生する物質の一つです。ヘモグロビンa1c が多いと、糖尿病になる可能性があるといわれています。糖尿病は現代の食生活で起こりやすい病気といわれていますが、その原因がヘモグロビンa1c なのです。赤血球は、体内に存在している間体の中を周り続けます。その際にブドウ糖と結びつくことが多くなるとヘモグロビンa1c が増えてしまうのです。そのため、ヘモグロビンa1c が多いということはブドウ糖が多いということでもあります。ヘモグロビンa1c を抑えるためには、生活習慣を見直すことが大切だといわれています。ただ、生活習慣を見直すことは簡単ではありません。

また、生活習慣を見直しても抑えれないこともあります。その際はヘモグロビンa1c を下げる栄養素をサプリメントを活用して摂取しすることが大切です。ヘモグロビンa1c を下げる物質はサポニンやクロムといった緑黄色野菜や穀類に含まれている成分です。また、血糖値を抑える栄養素もヘモグロビンa1c を下げる栄養素といえます。緑黄色野菜や穀類はどうしても匂いや味が強いものが多いですが、サプリメントに加工されているものならほとんど無味無臭で栄養素を摂取することが可能です。そのため、栄養素が偏っている人もヘモグロビンa1c を下げる栄養素の含まれているサプリメントを活用するといいでしょう。できるだけ、糖尿病を予防するためにもうまくサプリメントを活用しましょう。